メインメニュー
配給作品
関連サイト
投稿者: cinematrix 投稿日時: 2011-12-9 15:52:25 (1865 ヒット)

『溶岩の家』上映やスクラップ・ブックに関するトークイベントに
たくさんの方にご来場いただきありがとうございました!
その余韻も覚めやらないあいだに、コスタ監督特集がTokyo Story主催で
開催されます。

コスタ監督の言葉を噛み締めながら、コスタ作品を今一度見ることのできる、またとない機会となることでしょう。

【PEDRO COSTA 監督特集2011】 

会期:2011年12月21日〜12月25日

場所:SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ映像ホール4階

★上映作品

『ヴァンダの部屋』No Quarto da Vanda
2000年/ポルトガル・ドイツ・スイス/35ミリ/カラー/1:1.33/178分

『コロッサル・ユース』 Colossal Youth / Juventude em marcha
2006年/ポルトガル・フランス・スイス/35mm/カラー/1:1.33//155分

『何も変えてはならない』NE CHANGE RIEN
2009年/ポルトガル・フランス/35mm/モノクロ/1:1.33//103分

★上映スケジュール

12月21日(水) 13:30〜17時    ヴァンダの部屋 
12月22日(木) 13:30〜17時    コロッサル・ユース
12月23日(金) 13:30〜17時    ヴァンダの部屋
12月24日(土) 13:30〜15時20分   何も変えてはならない
12月24日(土) 15:40〜17時30分   何も変えてはならない
12月25日(日) 13:30〜17時   コロッサル・ユース

入場料金 当日:一般1200円 学生&シニア800円

特別鑑賞券=800円 発売中!!
3回券=2,000円(3作品を好きな日に見れます)
5日間フリーパス=3,000円(5日間全て見れます)

プレゼント
先着20名様にコロッサル・ユースポストカードプレゼント!!

映画を鑑賞して頂いた方にはTokyo storyカフェにてコーヒーソフトドリンク1杯無料!!
(チケット及びチラシをお持ち下さい)

主催:Tokyo story
協力:Cinematrix


投稿者: cinematrix 投稿日時: 2011-11-16 18:02:46 (1783 ヒット)

『溶岩の家 スクラップブック』刊行とペドロ・コスタ監督の来日を記念して
『溶岩の家』の一回限りの特別上映を行います。

◆日時
2011年12月2日(金)
18:00― 『溶岩の家』上映
20:00― ペドロ・コスタ監督による特別講義 

料金:1500円(均一料金、当日のみ)
会場:アテネ・フランセ文化センター
東京等千代田区神田駿河台2−11 アテネ・フランセ4階
電話:03―3291−4339(13:00−20:00)
http://www.athenee.net/culturalcenter/index.html


溶岩の家
Casa de Lava 
監督/ペドロ・コスタ
製作/パウロ・ブランコ 撮影/エマニュエル・マシュエル 編集/ドミニク・オーヴレイ 録音/アンリ・マイコフ
出演/イネシュ・デ・メディロシュ イサック・デ・バンコレ ペドロ・エスネシュ

救急病棟の看護婦マリアンナは、工事現場で倒れ昏睡状態に陥った青年レオンに付き添って彼の故郷であるカーボヴェルデ島へと渡る。やがて彼女は島と人々の悲劇的な歴史の一端に遭遇する。ロッセリーニやジャック・ターナーの記憶、コンラッド的なシナリオ、ドキュメンタリー的な荒々しい色彩の映像が混然一体となった作品で、監督本人の言葉によると「破綻した冒険映画」。

主催:映画美学校シネマトリックス
協力:アテネ・フランセ文化センター
後援:ポルトガル大使館
協賛:Instituto Camões




投稿者: cinematrix 投稿日時: 2011-11-8 14:59:22 (1625 ヒット)

MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店さんでもトーク&サイン会が行います!

***********************************

ペドロ・コスタ監督来日&「溶岩の家 スクラップブック」刊行記念イベント
ペドロ・コスタ監督によるトーク&サイン会

■会期:12月3日(土) 18:00〜
■会場:MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店 喫茶コーナー

12月3日18時〜ペドロ・コスタ監督によるトーク&サイン会を行います。
監督のトークの後、お客様がお持ちになった本や当日ご購入頂いた関連書籍に監督にサインをしていただきます。

当日はイベント開始30分前までにご来店いただき、レジにて座席券をお受け取り下さい。
その後イベントを行う同フロアの喫茶コーナーにお越しください。

※サインをする本の数は、おひとり様2冊までとさせていただきます。
※参加費は無料ですが、オープンスペースにつき立見見学の方もいらっしゃいますので、ご了承願います。
※座席券は60名様分ご用意致します。11月7日〜お電話または店頭にて御予約をお受け致します。

ご参加お待ちしております。

お問い合わせ先:MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店 電話:03-5456-2111
http://www.junkudo.co.jp/tenpo/shop-MJshibuya.html

※ネットストアHONでご購入の場合は座席券配布の対象外となります。
直接店頭にて書籍を購入の上、お申込ください。


投稿者: cinematrix 投稿日時: 2011-11-8 13:09:09 (1759 ヒット)

今夏についに「Casa de Lava-『溶岩の家』スクラップ・ブック」刊行いたしました。

ペドロ・コスタ氏の来日を記念し、「Casa de Lava-『溶岩の家』スクラップ・ブック」に関連したトークショーがおこないます。

********************************

ペドロ・コスタ×秋山 伸(グラフィック・デザイナー)トークショー
「イメージのシナリオをめぐって」

「Casa de Lava-『溶岩の家』スクラップ・ブック」の刊行を記念して来日するポルトガル映画の鬼才ペドロ・コスタ監督と、同書のブックデザインを担当された秋山伸氏をお招きします。映画の「シナリオ」として作られたスクラップ・ブックが撮影の現場でどのような役割を果たしたのか、そしてその貴重なスクラップ・ブックを書籍として再生するにあたってどのようなプランが練られたのか。映画と本のイメージが交錯する、刺激的なトークにぜひお越しください。

日 時:2011年12月1日(木)
    19:00〜21:00(18:30開場)
参加費:1,500円(当日精算)
予約制:電話または、メール(biblio@superedition.co.jp)にて、件名「コスタイベント希望」・お名前・電話番号・参加人数、をお知らせ下さい。
    Tel.03-3408-9482    
※60名様になり次第締切り→締切りました

電話予約受付:火〜土曜 12:00〜20:00
       日、祝日 12:00〜18:00
会 場:Bibliothèque(ビブリオテック)
http://www.superedition.co.jp/biblio/event/2011/1201.html


投稿者: cinematrix 投稿日時: 2011-8-6 13:50:50 (2198 ヒット)

ペドロ・コスタ監督作品『何も変えてはならない』DVD発売を記念いたしまして
『ペドロ・コスタ監督特集』が開催されます!

期間:8月27日(土)〜9月9日(金)
会場・問い合わせ:オーディトリウム渋谷


投稿者: cinematrix 投稿日時: 2011-8-6 13:43:42 (2239 ヒット)

たいへんお待たせしておりました「Casa de Lava|『溶岩の家』スクラップブック」が、いよいよ刊行となります。
楽しみにお待ちくださったみなさま、ありがとうございました。

書籍情報
・タイトル :「Casa de Lava-『溶岩の家』スクラップ・ブック」
・発行 :シネマトリックス
・価格:予価3,990円(税込)
・書籍内容 :1994年の作品『溶岩の家』(原題Casa de Lava)。長篇2作目にして傑出した才能を世界に見せつけることになるこの作品を撮影するために、35歳の映画作家は大西洋の島カーボ・ヴェルデを訪れる。
制作の準備過程で見た、読んだ、思いついたさまざまなアイディアとイメージを、彼はシナリオではなく、一冊のスクラップ・ブックとして纏める。
絵画、映画のスティル、手紙、新聞記事、落書き、小説の引用、絵葉書、台詞の抜粋、スナップショット。それらのコラージュによって埋め尽くされ、ぼろぼろとなった緑色の表紙のノートが、ペドロ・コスタを「映画」へと導いた―。
映画『溶岩の家』と一対をなす、もうひとつの『溶岩の家』。
コスタ所有のオリジナルをフルカラーで完全再現し、語り下ろしインタビューをバンドル。ファン必携アイテム。手製本による特殊造本、800部限定。


*シネマトリックスにて通信販売を承ります。
お問い合わせ:03-5362-0671
E-mail: mail(at)cinematrix.jp

また、刊行を記念しましてビブリオテック文明講座特別企画「Casa de Pedro展」が8月20日-9月4日開催されます。
会場にて本書の販売もいたします。

*************

「Casa de Pedro展」
映画監督ペドロ・コスタ インスタレーション

ポルトガル現代映画作家の鬼才のひとりペドロ・コスタによる「Casa de Lava-『溶岩の家』スクラップ・ブック」刊行を記念して、「Casa de Pedro展」を開催いたします。ペドロ・コスタの活動に関わるもの(海外のものも含め、ビデオインスタレーション作品・ポスター・カタログ・書籍)を集め、展示・上映いたします。もちろん会場では本書を販売いたします。是非コスタの活動の軌跡に触れて下さい。

8月20日(土)→9月4日(日)

入場無料/会場:Bibliothèque(ビブリオテック)B2Fギャラリー
日時:火〜日曜 12:00〜20:00(日曜・祝日は18:00まで)


上映作品(ビデオインスタレーション作品):
「『ヴァンダの部屋』ヴィデオ・インスタレーション」
(2000-2003 DVD/60分)
『ヴァンダの部屋』のために撮影された130時間に及ぶ映像から作られた、もうひとつの『ヴァンダの部屋』。部屋の「外」と「内」を映像と音響によって体験するインスタレーション。
各日1時間の休憩を挟み上映いたします。
(上映開始時間:13時、15時、17時、19時 *日曜は19時からの上映はありません)


投稿者: cinematrix 投稿日時: 2011-7-27 15:01:19 (1642 ヒット)

「テザ 慟哭の大地」のイメージフォーラムでの上映がいよいよ29日までです!
本年度公開映画で、ナンバーワンという呼び声も聞こえてくる本作、
ぜひ劇場にてご高覧ください。
上映時間(13:55/16:45/19:35)


投稿者: cinematrix 投稿日時: 2011-5-10 20:24:51 (1399 ヒット)

エチオピア映画の巨匠ハイレ・ゲリマ監督の劇場初公開作品
『テザ 慟哭の大地』が6月18日より イメージフォーラムにて公開されます!!

(イントロダクション) 
わが母と、祖国のために私は還ってきた
記憶と現実の彼方に何が見えるのか−−−権力の支配と格差に苦しむアフリカ大陸の光と影を描く壮大な叙事詩が、激動する現代を照らす。

太陽と水と炎 流浪するひとりの男 忘れられない過去、そして記憶
激動の70年代を背景に、20年にわたるエチオピアの光と影がうずまく

(ストーリー)
1970年代に医者を志し故国エチオピアを離れ、ドイツに留学していたアンベルブル。しかし、外国での人種差別と、皇帝ハイレ・セラシエの支配から軍事独裁政権に取って代わった故国の現状に失望し、荒涼とした故郷の村に帰ってきた。村で待つ母と村人たち。その中に佇むひとりの謎の女性アザヌ。蘇ってくる幼少期の記憶と大地の霊、忘れることができない夢に導かれるようにアンベルブルは、過去と現在を行き来する。そこに迫りくる独裁と暴力の影。この国に未来はあるのだろうか。その先に見えてくる希望の光とは。


『テザ 慟哭の大地』
原題 TEZA
2008年/エチオピア=ドイツ=フランス/アムハラ語・英語/カラー/35mm/140分
監督:ハイレ・ゲリマ

ヴェネチア、ロッテルダム、トロント!世界の映画祭で絶賛!!
アフリカを代表する巨匠が託す、絶望の先にある未来

監督は「三千年の収穫」で知られるエチオピア人映画作家ハイレ・ゲリマ。世界的に評価の高い巨匠ながら本作が待望の劇場初公開となる。自らの人生を色濃く滲ませた『テザ 慟哭の大地』は、ゲリマ監督の集大成としてアフリカのみならず世界中に偏在する危機を描いたと評され、ヴェネチア国際映画祭やロッテルダム国際映画祭など世界の20以上の映画祭で多くの賞を受賞した傑作である。劇中にエチオピアを代表する国民的歌手アレマイユ・エシェテが登場し、歌を披露するのも音楽ファンには見所である。

----「テザ」とはエチオピアの言語アムハラ語で「朝露」と「幼少期」の2つの意味を持つ


6月18日より渋谷イメージフォーラムにてロードショー!!!
特別鑑賞券1500円絶賛発売中(劇場窓口のみ壁画ポストカード3点セット付き)
www.imageforum.co.jp

予告篇はこちらより↓ご覧いただけます。
http://www.youtube.com/watch?v=mmSUyWTSqTo


投稿者: cinematrix 投稿日時: 2011-1-20 13:45:43 (1416 ヒット)

●1月28日(金) 17:00の回『光男の栗』(チャオ・イエ監督最新作)上映後、18:00頃〜(予定)
河瀬直美さん(映画監督・『光男の栗』プロデューサー)トーク
(※お席に余裕がある場合のみ、19:00の回『ジャライノール』のお客様もご覧頂けます)

*飛び入りスペシャルゲストもあるかも!?

チャオ・イエ監督との制作時のお話などほかでは聞けないトークをお楽しみに。

ポレポレ東中野にて!
http://www.mmjp.or.jp/pole2/news.htm


投稿者: cinematrix 投稿日時: 2010-12-21 17:25:49 (1810 ヒット)

蒸気機関車最後の聖地で
人と大地が出会い、そして別れがやってくる

世界の映画祭で圧倒的な支持を得た、中国の新たな才能!
本作が長編映画第二作目となる新鋭・チャオ・イエ監督の
『ジャライノール』がいよいよ1月15日より公開です。

『ジャライノール』
JALAINUR
原題: 紮賚諾爾/扎賚諾爾
2008年/中国/中国語/カラー/HD/92分
詳細は→www.cinematrix.jp/jalainur

■中国インディペンデント特集同時開催!!!

上映作品
*趙曄(チャオ・イエ)監督最新作プレミア上映「光男の栗」ほか全8作品を
2011年1月15日(土)〜2月4日(金)連日17:00〜

ポレポレ東中野にて!
http://www.mmjp.or.jp/pole2/news.htm


投稿者: cinematrix 投稿日時: 2010-11-4 16:58:52 (2458 ヒット)

お待たせしてたいへん申し訳ありませんが、10月中に発売予定に
しておりました「Casa de Lava|『溶岩の家』スクラップブック」ですが
11月20日以降に発売開始予定です。
2011年初旬刊行予定です

発売情報の詳細も追ってお知らせいたします。
もうしばらくどうぞ楽しみにお待ちください!


投稿者: cinematrix 投稿日時: 2010-8-30 14:48:48 (1464 ヒット)

世界を見つめる眼差し。その先にあるのはなんだろう。

1989年から隔年で開催され、世界でも有数のドキュメンタリーの祭典
「山形国際ドキュメンタリー映画祭」。
2009年に上映された作品を中心に、山形映画祭20年の歴史から
選りすぐった旧作もまじえて、怒濤の100作品を一挙上映する
「ドキュメンタリー・ドリーム・ショー2010」を9月18日より
開催いたします!

今回は、ミニシアターの老舗、ユーロスペースで初めて開催されます。
山形国際ドキュメンタリー映画祭で上映された作品を、劇場公開映画として、
数多く紹介してきたユーロスペース。
公開作品を中心に「ドキュメンタリーへの扉を開いた20年」
も盛り込まれています。

ドキュメンタリー好きのメッカとしてお馴染みのポレポレ東中野。
今回は、アジア千波万波部門の作品を中心に、
特集プログラム「シマ/島 漂流する映画たち」「やまがたと映画」
音楽ライブや作家自らの8ミリフィルム上映を加えて、
例年以上に賑やかなプログラムとなっています。
みなさまのご来場をお待ちしております。

会期:ユーロスペース 9/18(土)〜10/1(金)
    ポレポレ東中野 10/9(土)〜10/29(金)

料金:一般 当日1,500円 / 前売 1,300円
3回券 当日4,200円 / 前売 3,600円
フリーパス券 16,000円
ユーロスペース会員 1,200円
ポレポレ東中野回数券 1,000円
お問い合わせ:シネマトリックス(03ー5362ー0671 平日11:00-18:00)

スケジュールの詳細は、公式サイトでご確認ください。


投稿者: cinematrix 投稿日時: 2010-8-23 19:18:00 (2856 ヒット)

発売が諸事情により遅延し、申し訳ありませんでした。
楽しみにお待ちいただいている
「Casa de Lava|『溶岩の家』スクラップブック」の
刊行が10月頭と決定いたしました。
発売場所等、詳細はまた追ってお知らせいたします!

また、販売価格は3800円(税抜)となっております。


投稿者: cinematrix 投稿日時: 2010-5-24 18:18:45 (1714 ヒット)

『何も変えてはならない』公開記念ジャンヌ・バリバールライブ公演
の前売チケットをスーパーデラックスウェブサイトにて
予約受付中です!
http://www.super-deluxe.com/2010/6/26/jeanne-balibar/


【ジャンヌ・バリバール ライブ公演】
日程:2010年6月26日(土) OPEN 19:00 START 19:30
会場:西麻布スーパーデラックス 港区西麻布3−1−25 B1F tel: 03-5412-0515
www.super-deluxe.com
www.sdlx.jp(携帯サイト)
料金:\3,000(前売)\3,500(当日)*ワンドリンク付
東京日仏学院会員割引:前売割引\2,800(当日券は一律\3,500 となります)

出演:ジャンヌ・バリバール(vocal)、ロドルフ・ビュルジェ(guitare/vocal)、アルノー・ルーラン(base)、マルク・ケール(percussion)、フレデリック・スラール(mixing)
主催:東京日仏学院 www.institut.jp
 


投稿者: cinematrix 投稿日時: 2010-5-20 20:09:16 (1499 ヒット)

『何も変えてはならない』の公開日が、7月31日(土)と決まりました!
また、公開に先立ち「ペドロ・コスタ監督特集」(7月24日〜30日)も
ユーロスペースにて開催いたします。

『何も変えてはならない』
2009年/ポルトガル・フランス/103分/35mm/モノクロ/1:1.33/ステレオ
監督:ペドロ・コスタ 撮影:ペドロ・コスタ
編集:パトリシア・サラマーゴ 録音:フィリップ・モレル、オリヴィエ・ブラン、ヴァスコ・ペドロソ 音楽:ピエール・アルフェリ、ロドルフ・ビュルジェ、ジャック・オッフェンバック
製作:アベル・リベイロ・チャベス
出演:ジャンヌ・バリバール、ロドルフ・ビュルジェ、エルヴェ・ルース
   アルノー・ディテリアン、ジョエル・テゥー

『コロッサル・ユース』に続いて放つ、
ペドロ・コスタとジャンヌ・バリバールの奇跡のコラボレーション

鮮烈な日本公開となった『ヴァンダの部屋』
驚きと感動をもって迎えられた『コロッサル・ユース』から2年
ポルトガルの俊英が、フランス人女優ジャンヌ・バリバールの歌手活動を記録した、これまでにない希有な音楽ドキュメンタリー
2009年のカンヌ国際映画祭を始め、世界各地の映画祭で好評を博した本作は、ペドロ・コスタ監督とジャンヌ・バリバールが紡ぐ密やかな愛の唄である――

*7月31日(土)より渋谷ユーロスペースにてロードショー
www.eurospace.co.jp



« 1 (2) 3 4 »
Unknown Condition [8192]: Function set_magic_quotes_runtime() is deprecated in file /home/ddlimited/cinematrix.jp/public_html/xoops/include/common.php line 63