メインメニュー
配給作品
関連サイト
お知らせ : 「ペドロ・コスタ&ルイ・シャフェスのカルト・ブランシュ」◆上映作品発表◆
投稿者: cinematrix 投稿日時: 2012-11-9 17:34:17 (6498 ヒット)

原美術館で開催される「MU[無]─ペドロ コスタ&ルイ シャフェス」展に併せて、「映画」と「彫刻」という異なる表現領域で国際的に活躍するポルトガルの鬼才、ペドロ・コスタとルイ・シャフェスが、選ぶ作品(日本語字幕があり、日本で上映可能なフィルム作品)上映いたします。


・会期:2012年12月1日(土)〜3日(月)、7日(金)〜13日(木)
(4日(火)〜6日(木)は休映)
・会場:オーディトリウム渋谷
・主催:シネマトリックス、オーディトリウム渋谷


上映作品

小津安二郎
『父ありき』There Was a Father
1942年/モノクロ/35ミリ/97分
監督:小津安二郎
出演・笠智衆、佐野周二
妻を亡くし、男手ひとつで息子を育て上げた元教員の生涯を描く。笠智衆演じる父親の、子どもを思う心情が切々と胸に迫る。子ども時代と成長してからの、親子で流し釣りをする姿が強く印象に残る名編。小津生誕100年のシンポジウムの際にパネリストで参加したペドロ・コスタが「小津はパンクだ」と発言し、話題となった。
12月1日(土) 20:40 +トーク 12月12日(水) 16:10

カール・ドライヤー
『吸血鬼』VAMPYR The Strange Adventure Of David Gray
1930-31年/モノクロ/35ミリ/82分
監督:カール・ドライヤー
映画史上最も偉大な作家の一人、カール・ドライヤーが前衛的カメラワークと音楽で作り上げた怪奇映画の古典。村へやってきた旅の青年は、不気味な宿で衰弱した娘を発見し、やがて姿の見えぬ吸血鬼との闘いにいたる。ドライヤーが自分自身のプロダクションを立ち上げて撮影した初のサウンド映画で、極度におさえられた台詞や、名手ルドルフ・マテの撮影による夢とも現実ともつかない淡いモノクロ映像が恐怖を感じさせる。
12月2日(日) 20:40 12月10日(月) 16:20 12月11日(火) 11:00


アントニオ・レイス&マルガリータ・コルデイロ
『トラス・オス・モンテス』Trás-os-Montes
1976年/カラー/35ミリ/111分
監督・録音・編集:アントニオ・レイス、マルガリータ・コルデイロ


出演:トラス・オス・モンテスの住民たち



ポルトガル現代詩を代表する詩人アントニオ・レイスが、精神科医マルガリータ・コルデイロと共に作り上げた70年代ポルトガル映画を代表する傑作。 幾重にも重なる村の時間と記憶。川遊びなどに興じる子供たちの姿が、春夏秋冬、過去と未来が交錯する夢幻的な時間の中に浮かび上がる。フランスの批評家たちを驚嘆させ、ペドロ・コスタにも大きな影響を与えたという作品。




12月3日(月)20:40+トーク 12月11日(火)16:50 12月13日(木)11:00

マノエル・ド・オリヴェイラ
『アニキ・ボボ』Aniki Bóbó
1942年/モノクロ/35ミリ/71分
監督・脚本:マノエル・ド・オリヴェイラ
出演:ナシメント・フェルナンデス、フェルナンダ・マトス、オラシオ・シルヴァ
104歳にして未だ現役のポルトガル人映画作家、オリヴェイラの驚嘆すべき長篇デビュー作。傍らをドゥーロ川が流れ、陽光降り注ぐポルトの街を舞台に、自由に躍動する少年少女たちを活写してネオレアリズモの先駆的作品と見なされている。「アニキ・ボボ」とは警官・泥棒という遊びの名前。街角の路地に息づく人々の詩情を描きながら、子供たちに宿る残酷さと友愛を大胆に描き切った。
12月7日(金)20:40 12月12日(水)11:00

チャールズ・チャップリン
『街の灯』City Light
1931年/モノクロ/35ミリ/86分/サイレント
監督・出演:チャールズ・チャップリン
不景気で風彩もあがらず、服装もみすぼらしく、職もなく住むところもない男はひとり気ままなフーテン暮らし。そんな彼がひとりの娘に恋をした。街角で花を売っている、盲目の貧しい娘。彼は彼女の目を治す為に、金を稼ごうと一大決心をする。ひとりの男と盲目の娘との愛のやりとりを、パントマイムと僅かな字幕で表現し、儚く哀しい愛を可笑しみの中に描いた、映画史に残る傑作。
12月8日(土)20:10 12月12日(水)14:25

ジャン=マリー・ストローブ&ダニエル・ユイレ
『エンペドクレスの死』Der Tod des Empedokles oder: Wenn dann der Erde Grün von neuem euch erglänzt
1986年/カラー/35ミリ/132分
監督:ジャン=マリー・ストローブ、ダニエル・ユイレ
ドイツの詩人、フリードリヒ・ヘルダーリンの1798年執筆の未完の二幕悲劇をストローブ=ユイレが脚色し、映画化した。「決して変化しない元素が、愛や憎しみによって結合・分離することで存在は変化して見える」と説いた古代シチリアの詩人哲学者エンペドクレスが民衆と訣別し、自ら死を選ぶまでが、シチリアのラグーサとエトナ山中腹を舞台に、難解ながら流麗な詩句で物語られる。
12月9日(日)20:10


ロベール・ブレッソン
『バルタザールどこへ行く』Au Hassard Balthazar
1966年/モノクロ/35ミリ/95分
監督:ロベール・ブレッソン
出演:アンヌ・ヴィアゼムスキー、ヴァルター・グリーン
フランス、ピレネー山麓の小さな村を舞台に、バルタザールと名づけられた一頭のロバと少女マリーがたどる悲劇的運命をとおして人間の受難と罪悪を描く。後に『中国女』『ワン・プラス・ワン』などのゴダール作品を筆頭に多くの映画に出演し、作家としても知られる女優、アンヌ・ヴィアゼムスキーの初出演にして代表作。他のブレッソン作品と同様に演技経験のない素人を起用し、撮影された。
12月10日(月)20:10 12月12日(水)12:30

ジャン=リュック・ゴダール
『彼女について知っている二、三の事柄』Deux ou trois choses que je sais d'elle
1967年/カラー/35ミリ/87分
監督:ジャン=リュック・ゴダール
出演:マリナ・ヴラディ、アニー・デュプレー
鬼才J=L・ゴダールが雑誌に掲載された実話をもとに主婦たちの売春を描いた異色作。パリ近郊の団地に住む主婦たちの売春というショッキングなテーマながら、戦後フランスの経済成長と、そこで暮らす人々、急速な資本主義を批判したゴダールのアイロニカルな視点が垣間見える。ヌーヴェル・ヴァーグの盟友、F・トリュフォーが製作を担当し、フランス映画界の一線で活躍したマリナ・ヴラディが日常に飽き足らない主婦を妖艶に演じている。
12月11日(火)20:10 12月13日(木)13:10

アンドレイ・タルコフスキー
『アンドレイ・ルブリョフ』Andrei Rublyov
1967年/モノクロ&カラー/35ミリ/182分
監督:アンドレイ・タルコフスキー
出演:アナトリー・ソロニーツィン、イワン・ラビコフ、ニコライ・グリニコ
モスクワ・アンドロニコフ修道院で修業を積んだアンドレイたち僧侶は、旅芸人が権力を風刺して捕えられるのを目撃する。圧制に苦しむ民衆を目の当たりにしてアンドレイの苦悩は深まる。ロシアの伝説的イコン画家アンドレイ・ルブリョフの生涯を描き、10のエピソードにより、15世紀のロシアと人間、社会と民衆を重層的に積み上げて映画を構成し、知られざる歴史の真実に迫った意欲作。
12月12日(水)20:10


ペドロ・コスタ監督作品
『ヴァンダの部屋』No Quarto da Vanda
2000年/カラー/35ミリ/178分
監督:ペドロ・コスタ
商業映画の世界に失望したペドロ・コスタが、リスボンの捨てられた街、フォンタイーニャス地区に2年間、カメラを据え製作され、世界を震撼させた代表作。取り壊される街の騒音の中、3メートル四方の小さな部屋に住むヴァンダ・ドゥアルテ。ヴァンダを中心として、人と街を見つめ続けるカメラが、美しく濃密な映像と消え去ろうとしている時間を観客と共有し始める。
12月10日(月)13:00 12月13日(木)20:10


『コロッサル・ユース』Juventude em marcha
2006年/カラー/35ミリ/155分
監督:ペドロ・コスタ
『ヴァンダの部屋』に続き、再び、ペドロ・コスタがリスボンのフォンタイーニャス地区にカメラを向けた。アフリカのカーポ・ヴェルデから移り住み34年間、この地区に住んできたヴェントゥーラ。彼は妻に家を出て行かれ、貧民窟と建てられたばかりの近代的な集合住宅の間を行き来し、人々を訪ね歩く。ヴェントゥーラが口にする言葉と、自らのペンで紡ぎだす手紙。そこには人間と土地についての壮大な叙事詩が立ち現れてくるのだった。
12月11日(火)13:00 12月13日(木)15:00


料金(当日のみ):一般=1,300円/学生・シニア=1,200円/高校生以下=1,000円/3回券(劇場窓口での販売)3,300円
*「MU[無]─ペドロ コスタ&ルイ シャフェス」(原美術館)「『終焉のさなかに』/『映画作家ペドロ・コスタ/オール・ブロッサムズ・アゲイン』特別上映」(アテネ・フランセ文化センター)のチケットの半券をお持ちの方は入場料金200円引き

・協力:原美術館、在日ポルトガル大使館、東京フィルメックス
・フィルム提供・協力:松竹、コミュニティシネマセンター、日本ポルトガル協会、川崎市市民ミュージアム、角川映画、神戸ファッション美術館、アテネ・フランセ文化センター、ザジフィルムズ、国立近代美術館フィルムセンター、ロシア映画社、パンドラ


★★関連上映情報★★

東京フィルメックスにてペドロ・コスタ監督も参加している
『ギマランイス歴史地区(仮題)』の上映があります!

上映日:11/27(火)21:30〜@TOHOシネマズ日劇
    12/2(日)18:00〜@有楽町朝日ホール

『ギマランイス歴史地区(仮題)』 Historic Center / Centro Histórico
ポルトガル / 2012 / 89分
監督:ペドロ・コスタ、マノエル・ド・オリヴェイラ、アキ・カウリスマキ、ビクトル・エリセ
配給:ロングライド


◉◉『終焉のさなかに』/『映画作家ペドロ・コスタ/オール・ブロッサムズ・アゲイン』特別上映◉◉

2012年12月5日[水]・12月7日[金]18:30−(2本立て)
アテネ・フランセ文化センター(御茶の水)TEL: 03-3291-4339
一般1000円/会員800円(半券割引あり)
主催:ポルトガル大使館
『終焉のさなかに』(2003/70分)監督:ジョアン・トラブロ
『映画作家ペドロ・コスタ/オール・ブロッサムズ・アゲイン』(2007年/51分)監督:オーレリアン・ジェルボー

印刷用ページ このニュースを友達に送る
Unknown Condition [8192]: Function set_magic_quotes_runtime() is deprecated in file /home/ddlimited/cinematrix.jp/public_html/xoops/include/common.php line 63